紫外線 スキンケア

紫外線の対策と食事

紫外線の対策にはどんな食事が良いのでしょうか。

太陽は地球上に住む私たちにとってなくてはならないものですが、
いいことばかりというわけではありません。

紫外線は太陽光に含まれるものですが、
私たちの体にとって重要な存在であると共に、
老化を促進するというマイナス面もあります。


紫外線の対策方法は色々ありますが、
食事によって紫外線に負けない体づくりをすることも大切です。

紫外線からの効果を受けにくくなるため、
紫外線のダメージから速やかに回復するため、
紫外線対策効果のある食材を食べましょう。


ビタミンCやビタミンEが紫外線対策としては有名です。

活性酸素という紫外線効果で起きるものを抑える働きがあります。

ビタミンCは摂取を一度にたくさんしても、
蓄積されず使い切れなかった分は排出されてしまうという性質があります。

一日に何度もこまめに摂り入れましょう。

たくさんのビタミンCを含むジュースを朝に飲んだから大丈夫とは
決して言えないのです。

ブロッコリーやいちご、キウイフルーツなどが、
ビタミンCを多く含む食材にはあるようです。


紫外線対策に効果的なのがビタミンEで、
細胞膜の酸化を防いでくれます。

摂取をするときには、ビタミンCと一緒は良いそうです。

カカオポリフェノールという紫外線対策にいい成分をたくさん含むココアや、
モロヘイヤやほうれん草など皮膚の免疫作用を高めるβカロテンが
豊富な食材も良いでしょう。

紫外線対策グッズ

日傘や帽子、衣類などの紫外線防止グッズが、
紫外線対策に役に立ってくれるでしょう。

紫外線は年間通して降り注いでいるものなので、
夏だけではありません。

3月、4月頃から紫外線は少しずつ強くなり、
中でも5月〜8月が強烈です。

しっかりと紫外線対策を、特に午前10時から午後2時の間の
外出をする際にしておきましょう。

日傘の活用、肌を露出しない服装、帽子やサングラスの着用が
紫外線対策の基本ではないでしょうか。


効率良く紫外線を防ぐためにおすすめの衣類は、
ポリエステルと綿の混紡素材で目のつまっているものだそうです。

洋服の繊維に紫外線防止加工がされていれば、
もっと紫外線対策におすすめです。

日焼けしやすい場所である首筋も、襟のある衣服を着ることで
紫外線対策ができます。

顔に浴びる紫外線の6割は、7p以上のつばがあればカットできるので、
帽子はつば広のものが良いといえるでしょう。

白は紫外線を透過するため、紫外線対策には黒い素材がいいでしょう。

皮膚だけでなく目からも紫外線は吸収しますので、
サングラスも効果があります。

真っ黒のサングラスは視界が暗くなるため瞳孔を開かせ、
横からの散乱紫外線が入り込んできます。

UVカット表示のある、薄い色のサングラスがお勧めです。

柄を短めに日傘を持つようにすると、
肌と日傘の布との距離が近くなることで高まるのが、紫外線対策の効果です。

日焼け止めクリームで紫外線対策

紫外線対策にとっては、身につけるならできるだけ肌を
露出しないということがポイントになります。

暑い夏に黒い長袖とハイネックで完全防備をするのは大変なことです。

日焼け止めクリームは、素肌を太陽光に晒す時に紫外線から
お肌を守るために使います。

日焼け止めクリームには、紫外線を一旦吸収して
熱エネルギーとして放出する紫外線吸収剤と、
紫外線を跳ね返す紫外線反射剤の2種類の成分が含まれています。

肌に届く紫外線を防げば、紫外線対策ができます。

近頃は幼児用、女性用、男性用など使う人を限定したものだけではなく、
市販されている日焼け止めの種類も非常に多いようです。

水着用、普段用、長時間用など様々な日焼け止めクリームがあります。


効率的な紫外線対策ができる目安となるのはSPFとPAの値ですので、
いったいどれなのか悩んだら参考にしましょう。

SPFは肌を赤くする中波長の紫外線を防ぐ指標で、
SPF1の効果が真夏の快晴時でおよそ20分程度効果があります。

紫外線対策効果はSPFが高いほどあると言われていますが、
大差は30を越えるとなくなるともいわれています。

肌に色素沈着を作るPAは長波長の紫外線を防ぐ度合いの目安です。

+の数で三段階表示されており、最高ランクが「+++」です。

しっかりとSPTとPAを把握した上で、日焼け止めクリームを
使い分けることが紫外線対策になるといえるでしょう。

紫外線対策エントリー一覧