肌タイプ スキンケア

乾燥肌のスキンケア

乾燥肌のスキンケアのコツはあるのでしょうか。

スキンケアの効果的な方法で重要なのは、
化粧品や洗顔方法は自分の肌質に合うようなものを用いるということです。

重要なのはどんな肌質でも、適度な運動の習慣をつけ、
十分にビタミンやミネラルを摂取する食生活を維持すること、
夜更かしや睡眠不足を避けることではないでしょうか。

肌質に合うスキンケアとお肌にいい生活をすることで、
美しい素肌を手に入れましょう。


乾燥肌というのは、肌の水分と皮脂の両方が足りていない肌質のことです。

積極的な保湿が乾燥肌のスキンケアにとっては重要です。

しみやしわなど、加齢と共に目立つようになる肌の症状は
乾燥が原因であることが多いようです。

きちんと保湿を意識してスキンケアすることで、
効果的にアンチエイジングができるといえるでしょう。

皮脂腺から分泌される皮脂が汗と混ざり作られるのが、
正常な肌の場合にできる自前の保湿クリームです。

乾燥肌は皮膚の水分が、この自前の保湿クリームが少ないために
失われてしまうことが原因です。

乾燥を防ぐため、乾燥肌のスキンケアではたっぷりの化粧水で
念入りに保湿を行いましょう。

特に乾燥しやすい季節は注意しなければなりません。

あまり洗いすぎないように、洗顔時には気をつけたほうが良いでしょう。

肌表面をコーティングしている必要な皮脂まで洗いすぎることによって
洗い落としてしまい、乾燥が進んでしまうこともあるでしょう。

スキンケアしっかりとしなければなりません。

脂性肌のスキンケア

どのように脂性肌のスキンケアをしたら良いのでしょうか。

男性だけでなく女性にも多い肌質である脂性肌は、
オイリー肌とも呼んでいます。

手で触れた感触が油っぽい傾向があるため、
肌の水分量が多いように見えながら内部は意外と乾燥していることが、
脂性肌の場合は多々あるそうです。

きちんとしたスキンケアができていない人も、
内部の乾燥を知らないことで多いかもしれません。


肌のテカリやべたつき、化粧崩れなどが、皮膚表面が脂っぽいと
よくわかるようになります。

はじめに脂性肌のスキンケアは、
余分な油脂を正しい洗顔で取除くようにしましょう。


スキンケアとしては逆効果なのが、肌のテカリを気にして
頻繁に洗顔をすることです。

肌に不可欠な保湿成分まで流してしまわないよう、
洗いすぎには注意しましょう。

洗顔とは、あくまで肌についたホコリや雑菌、
汗や余分な皮脂成分だけを洗い落とすことです。

洗うとき肌をゴシゴシこすらないようにして、
洗顔料や石鹸の泡でくるみこむ感覚で顔を洗うのが良い方法です。

汚れを、弾力のあるキメ細かい泡をつくって優しく取り去り、
きちんとぬるま湯で流しましょう。


スキンケアのポイントは、洗顔でどれほど適切に汚れを落とせるかだといえます。

脂質を多く含む食事や睡眠不足、ストレスなどは脂性肌の性質を
促進してしまいます。

肌に適切なスキンケアのために控えめにしたほうが良いのが、
チョコレートや油ものなどの食べ物です。

混合肌のスキンケア

混合肌のスキンケアについていくつかご紹介します。

乾燥肌と脂性肌の特性を同時に併せ持っている肌質が混合肌です

。全体としては乾燥肌で、額や鼻の部分だけが脂性肌だという人が
多いようです。

自分が混合肌だと思っていないという人もいて、
脂性肌のスキンケアや乾燥肌のスキンケアだけをしていることもあるようです。


混合肌の人は、特に季節の変わり目や生理の前後は
水分と油分のバランスが崩れやすいようです。

肌の部分ごとに状態を見極めなければなりません。

テカリが気になる部分と乾燥が気になる部分との洗顔を
区別することが混合肌のスキンケアのコツです。

混合肌用やコンビネーションスキンを、
区別がつきにくい時の化粧品は使うのがおすすめです。


スキンケア用品やメイク用品は、肌の状態が把握できるようになってきたら
使い分けるようにすると良いでしょう。

洗顔をするときのポイントは混交肌の場合、テカリが気になる部分はやや念入りに、
乾燥が目立つ部分はささっと済ませることです。

洗顔剤で泡をキメ細かに作って、脂性肌の部分をはじめにつけていきましょう。

洗顔終了後は、肌の乾燥度合いとは関係なく
全体にたっぷりと保湿ケアを施します。

油分を補うとスキンケア効果が期待できるので、
水分補給後は乳液やクリームなどを目元や頬などの乾燥が気になる部分に
つけるようにしましょう。

肌タイプ別スキンケアエントリー一覧