顔やせ 小顔

顔やせと小顔

最近は体重を減らすだけのダイエットではなく、
小顔になるような顔やせの方法なども注目されています。

体重を減らす事がその目的のことが、
昔はダイエットというと多かったのではないでしょうか。

体重減少のために、りんごダイエットや卵ダイエットなど、
一つの食べ物をひたすら食べるようなダイエット方法が人気でした。

ただ痩せているというのが良いという時代は、今は過ぎ去ったのです。


小顔で凹凸がある体型というスタイルが、
現在たくさんの女性が理想としているものです。

雑誌などで必ずといっていいほど特集されているのが、
顔やせ、小顔というキーワードです。

小顔の芸能人や顔やせの方法などを雑誌で見る事が
たくさんあるかもしれません。

スキンケア用品やメイク用品を使い分けるのは、
肌の状態が把握できるようになってきてからで良いでしょう。

実際は顔だけ小顔になるという事はないようで、
体重が減れば体は全体的にひきしまりますが、それだけです。

ダイエットをすると蓄積された皮下脂肪から減っていくので、
お尻周りや、太ももなどがまず痩せていきます。

顔はむくみやすい場所でもあり、体重が減っても
自分で実感できるぐらい顔やせするのは難しいようです。

顔やせや小顔になる、マッサージや、エクササイズ、食事法などもあり、
その方法はダイエットに限らないといえるでしょう。

顔やせと小顔になるエクササイズ

小顔になる為の顔やせエクササイズは
顔の新陳代謝や循環を良くしてむくみをとることが第一です。

新陳代謝が滞りやすい場所は顔であり、
その要因には目の疲れや首や肩のコリがあります。

顔やせが簡単ではない背景には、むくみやすさがあるのです。

顔のむくみによって頬のまわりがひとまわり大きく見えてしまっている
という人は、むくみ改善で小顔になれるでしょう。


両方の手を広げ、後頭部の後ろに添えて
むくみ取りエクササイズをしましょう。

手の位置は親指を首の付け根、他の指が頭全体です。

親指を軸にして、ぐるっと回すようにして頭皮をマッサージしましょう。

後頭部を揉むことによって頭皮の血流が改善し、
小顔作用が期待できます。


顔やせの手段として、リンパマッサージをするというものもあります。

あごのラインをはっきりとさせるように顔やせしたいなら、
人差し指と中指であごを挟んで耳の後ろに抜けるようにひっぱるようにします。

小顔になるマッサージをお風呂上りに左右5回ずつしましょう。

口角の横辺りに親指を当てて、頬全体を上に引っ張るようにします。

頬のたるみを解消するのと同時に、老廃物を外に出してくれる
マッサージで小顔に効果があります。

小顔エクササイズで効率的に小顔になるには、
エクササイズ前に水をカップ一杯摂取しましょう。

顔やせと小顔になる食事法

顔やせを目指すには、小顔エクササイズ以外にもやり方があります。

食事なども少し気をつけるだけで、顔やせする事が出き小顔になれます。

適切な塩分で食事を作ることが、小顔にいい食事を作るポイントです。

細胞や血液に水分が多く集まってしまう原因に多量の塩を取りすぎる
という場合がありますので気をつけてください。


ヘルシーフードとして知られる和食ですが、お味噌汁や漬物など、
塩分量の多いメニューが並んでいますので要注意です。

食事から塩をどのくらい取り入れているのか、
顔やせを意識するなら調べてみてもいいでしょう。


小顔になる為には、1日に少なくとも1.5リッターは、
水を飲むのを心がけましょう。

1度にたくさん飲み過ぎず、少しずつ飲みましょう。

一気飲みでは意味がありませんし、水分不足もむくみを誘発します。


利尿作用を促進する食材もむくみ対策になります。

にんにくや生姜などがお勧め食材です。

むくみ対策には、利尿作用を促進することも大事です。

水分摂取をしても排出までスムーズにいかなければ
どこかで滞ってしまいます。

お茶や利尿作用のある食べ物を意識して摂取することも、
小顔にいいと言われています。

シャープな小顔になる方策は様々ですので、
顔やせにつながる方法を1つずつやってみてはどうでしょう。

顔やせと小顔エントリー一覧