フェイシャルエステ

フェイシャルエステとは

フェイシャルエステについてです。

顔の悩みはいろいろと多く、シミ、そばかすやニキビなど肌質の悩みから、
むくみ、たるみ、二重あごなど顔の形の悩みまで様々です。

取るべき対応策は、それぞれの症状によって違います。

書店に行けば、フェイシャルケアが効果的とうたった
雑誌の特集を見かけます。

テレビではこのフェイシャルマッサージが効くとタレントが紹介しています。

しかし、色々な方法を試しても効果のほどはいまいちで、
継続も簡単ではないという人も少なくないようです。

決定的な対策を取れないままに歳月だけが経過してしまったという人も
少なくありません。


そんな顔の問題を抱えている人には、エステのフェイシャルコースの
利用がいいかもしれません。

フェイシャルコースには自信があり、施術者の技術も機材に関して
も非常に整っているというエステも少なくありません。

エステでフェイシャルコースを利用する時は、
まず最初に大まかな生活習慣や現在抱えるお肌の悩みなどの調査票を
書き込んでいきます。

これらの内容を元にエステシャンのカウンセリング指導を受け、
肌のコンディションを確認します。

専門の機械を使うことで、毛穴の目詰まりの状態や肌の保水量、
キメの細かさなどをチェックします。

それらに基づいて、肌に施すべきフェイシャルケアを
決めていくことになるでしょう。

納得のいくフェイシャルケアをしてもらうには、
数多く存在するフェイシャルケアの中から、
自分が求めるものはどのような施術か事前によく検討しなければならないものです。

満足度の高いフェイシャルエステには、しっかりとしたカウンセリングが欠かせません。

フェイシャルエステの施術方法

フェイシャルエステでは一般的にどのような施術をして、
どのような効果が期待できるのでしょうか。

顔に関するエステ施術にはサイズダウンを目指すものや
肌質を改善するものなど様々な目的があり、
目的に沿ってフェイシャルケアの方法もたくさんあります。

顔のトリートメントもフェイシャルエステの一部です。

専門家によるハンドマッサージトリートメントや、
機械でのトリートメントもあります。

エステによっては、フェイシャルケアのための
特製トリートメントを使うところもあります。

リンパや血流が滞り、むくみやたるみが気になる肌には
ハンドマッサージで顔の代謝を改善する方法が適しています。

いい香りのアロマオイルなどを使います。

いい香りを楽しみながら気持ちのいいマッサージをしてもらい、
日常を忘れてリフレッシュすることで、肌だけでなく心ものびのびとできます。


エステではフェイシャルケアの様々なコースが用意されています。

若い頃からずっと顔にコンプレックスを持っており、
問題が解決されないまま今に至るという人にはいい方法かもしれません。

お肌の状態によっては、より効果の高いトリートメントを用いる
フェイシャルケアもあります。

ホワイトニングパックやケミカルピーリングなどがそれに当たります。

ケミカルピーリングは化学的な方法でいらなくなった角質層を
剥ぎ取るもので、ピーリング液を肌につけて何分かそのままにするという
手順を取ります。

肌への負荷が大きい方法ですが、自宅での洗顔では落としきれない
皮脂汚れも除去できて、にきびや肌荒れの元になる角栓や
毛穴の皮脂詰まりをきれいにできます。

自分の肌の状態に合わせ3つの代表的な方法の中から
1つだけおこなうこともあるし、いくつか組み合わせて行うこともあります。

施術方法をよく理解したうえでフェイシャルエステを
選ぶことが大切です。

事前に施術内容を理解し、自分の希望に沿った肌に合う
フェイシャルケアを選択できていれば、思っていたことと違ったり、
事前に気づいていれば避けられた肌トラブルが
起きるような状況にもならずに済みます。

どのような施術を行うのか知った上でフェイシャルエステのコースを
選んでください。

フェイシャルエステのコースの種類

フェイシャルエステといっても1つの方法ではなく、
色々な施術内容があります。

ホワイトニング、アンチエイジング、にきび、小顔から
自分の求めるものを選びます。


ホワイトニングのコースは、シミ、そばかすが気になる人の
フェイシャルエステです。

シミやそばかすの消し方としては、
イオン導入機でビタミンCを肌の深部に届けるという方法があります。

機械による光フェイシャルのトリートメントの他、
シミ、そばかすに効果のある成分の入ったパックを行う方法なども
あるようです。


アンチエイジングのコースは、お肌を若返りさせたい人の
フェイシャルエステで、しわやたるみを改善するのが主な目的です。

トリートメントに使う機械には、光を照射して肌を引き締め
肌のコンディションを改善する機械や、フェイシャルケアの化粧品成分を
肌によく馴染ませ、奥深くまで吸収させる機械があります。

大幅な変化をフェイシャルエステに期待する人に向いています。

肌に専用の低周波や超音波を当てることで肌を引き締め、
たるみを解消するというアンチエイジングも存在します。

加齢によってシミが目立ってくる人もいますが、
そういう場合はホワイトニングもアンチエイジングの一環として行います。


ニキビのコースは、ディープクレンジングをするための機械を使った施術や
メディカルエステでおこなえるケミカルピーリングなどが主な方法です。

にきびの原因となる皮脂の過剰分泌には、毎日の食べ物や
生活の不規則さに関わりがあることが多いため、
フェイシャルエステとして生活指導を行うこともあります。


小顔を目指すフェイシャルエステでは、
リンパの循環を良くするハンドマッサージなどが盛んに行われています。

顔のどういった部分を良くしたいのか、フェイシャルエステの施術内容を
選ぶ時はまず問題点をはっきりさせることです。

フェイシャルエステエントリー一覧